浮気での離婚について

浮気での離婚について

浮気(不貞行為)は、法的な離婚の理由になります。
「不貞行為」を証明できる証拠資料があれば、弁護士が証拠資料ももとに、離婚調停、訴訟を進めていくことができます。

浮気の証拠が取れれば、慰謝料、子供の親権など多くの面で、離婚を有利にすすめることができます。

探偵による離婚調査は「事実関係を把握し、浮気が事実であり、それで結婚を解消する場合、これからの人生へ、いかにプラスにするか」のためのものです。

離婚後の生活、人生の為にも、浮気の証拠の確保、離婚準備はしっかりと行っておきましょう。

夫の浮気から離婚をお考えの方へ

夫の浮気から離婚をお考えの方へ

「夫が浮気。離婚を切り出したが無視されている」
「夫の浮気を理由に離婚したいので、法的に使える浮気の証拠が欲しい」
「夫が浮気相手のところへ家出。離婚したいがどうしていいかわからない」
こういったお悩みが多いようです。

「男の浮気はきがつかないふりでいるのがいい」と言われる方もありますが、浮気の長期化は浮気相手との関係を深めることにつながりやすいものです。
中には、浮気相手とトラブルになったり、夫から離婚を切り出されたという方もあります。

それまで浮気を認めていても、離婚話で夫が豹変し、「浮気はなかった」と主張したり、逆に慰謝料を請求してくる場合もあります。
また、共同預金を自分のものにしてしまったり、親権をとろうと子供を勝手に連れていってしまったなどのトラブルもあるのです。

浮気調査の費用がかかることをご心配なされる方もありますが、慰謝料が確定すれば、そこまで掛かった費用だけでなく、今後の生活の基礎として用いることもできます。

浮気の証拠を確保し、離婚準備をしっかりとしてから、離婚に関する話をすすめるようにしましょう。

妻の浮気から離婚をお考えの方へ

妻の浮気から離婚をお考えの方へ

「妻の浮気を理由に離婚、子供の親権をとりたいが、父親側が不利と聞いて悩んでいる」
「浮気をする妻と離婚したい。妻、浮気相手に慰謝料請求、責任追及をしたい」
「自分で妻の浮気の証拠をとろうとしたが、失敗した」
こういったお悩みが多くあります。

確かな浮気の証拠がないと、言い逃れや泣き落としをしてきたり、浮気相手側と口裏をあわせることもありえます。
中には、子供、実家や友人などを巻き込んでのトラブルになった方もあります。
離婚の話をする前に、準備はしっかりとしておきましょう。

妻との離婚では、子供の「親権」に関するお悩みも多いようです。
子供の親権は幼いほど母親が優先されます。
ただし、妻が深夜に子供の放置し、浮気相手と会っていた、育児を放棄していた、暴力をふるったり、暴言があったなどの場合は、父親に親権が行く確率が上がります。
こういった内容は、撮影記録、暴力による診断書、暴言の録音など、第三者に客観的に証明できることが必要です。

離婚の話し合いはもちろん、調停や裁判では、浮気や家庭状況の証拠の確保と内容はとても重要になります。

他にも、父親側では、離婚後に子供を育成できる環境かどうか、たとえば、本人が育児をしてきたか、両親や家族に育児を手伝ってもらえるか、仕事による影響はないかなども考慮されます。

また、ある程度の年齢で「父親と一緒に暮らしたい」と本人が意思表示をしている、すでに妻は子供をこちらにおいて別居中であるなどのときも、父親側が有利になります。
親権を希望する場合は、証拠の確保、弁護士と内容を相談するなどして、しっかり準備なさってから、離婚の話し合いにのぞまれることをおすすめします。

サブコンテンツ

浜松・静岡での浮気調査、不倫調査なら、おまかせください

夫の浮気、妻の浮気から離婚を考えてお悩みなら、どうぞご相談ください。

浜松・静岡での浮気調査、不倫調査
メールでのご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ。

このページの先頭へ