夫・妻が浮気。浮気相手との結婚の約束までしていた。
別れ話になったところ、浮気相手から「結婚の約束をしていたのだから慰謝料を請求する」と言われたケースもあります。

原則として、浮気相手へは慰謝料を払う必要はありません。
浮気は『不法行為』であり、そのなかで「離婚後に再婚しよう」といった約束があっても、正式な「婚約」にならないと判断されるからです。

逆に、浮気(不貞行為)の証拠がある場合、浮気相手と配偶者に対し、慰謝料を請求することができます。

ただし、中には、浮気相手に対して慰謝料を払わなければならないケースも存在します。

・配偶者が「自分は独身」と嘘をついて浮気相手と交際していた場合

特に、独身と言って浮気相手と結婚の約束をして金品を受け取っていた、親に挨拶に行くなどしていた場合は、悪質と判断されることが多くなります。

「婚約すると相手側の親に挨拶に行っており、結婚準備の為としてまとまったお金を受け取っていた。でも既婚者であり、離婚話も結婚準備もしていなかった」
このようなときは、詐欺と判断されやすくなります。

また、浮気相手に借金や物を借りていた場合は、それを返却する必要があります。
「借金」か「援助」かなど、別れ話ではもめやすいので注意が必要です。

なお、浮気相手の中には、配偶者が既婚者だと知っていながら、「独身者だと思っていた」「離婚調停中と聞いた」などと主張し、慰謝料を支払わないようにする、配偶者と口裏を合わせると言ったこともあります。
浮気相手への慰謝料請求では、事実関係をよく確認し、注意しておく方がいいでしょう。

浮気のご相談は浮気相談室へどうぞ