夫や妻の浮気が発覚。
このときに義理の家族を巻き込むケースがあります。

下記のような例もあります。

「夫の浮気がわかったが、夫の家族が夫が誤解だというのを鵜呑みにして、仲直りさせようとしてくる。離婚したいのに話が進まない」

「夫が浮気をしたのでといつめたところ、姑に『男の浮気ぐらい多めに見ろ。家の居心地が悪いのだから浮気をするんだ』と言われた。夫はまるで反省していないようで、夫婦の問題を姑に愚痴り、その度にこちらが責められて参っている」

「夫の浮気のアリバイ作りに姑が協力していた。絶対に許せない、離婚したい」

「妻の浮気がわかったら、実家に子供を連れて帰られた。浮気を否定し、話し合おうとしても『夫の暴力があった』と言い出して 義理の家族が会わせようとしない。こちらの有責で離婚の話をされて困っている」

義理の家族は、どうしても配偶者側に肩入れすることが多いものです。

浮気の証拠があれば、話し合いに協力してくれることもあります。
でも、確かな証拠がない段階での話し合いでは、嫉妬で誤解をしているだけ、あるいは、配偶者の嘘を鵜呑みにすることも。

また、離婚となると、配偶者の環境や孫の親権、慰謝料、財産分与などの問題もありますので、今まで義理の家族と関係がよくてもトラブルになることもあるのです。

しっかりとした浮気の証拠を確保し、まずは夫婦で話し合いをすること、配偶者に嘘をつかれている場合や、義理の家族が話し合いを妨害するなどであれば、弁護士の同席で話をすすめるようにしたほうがいいでしょう。

 

浜松市で浮気調査・離婚相談なら浜松浮気調査相談室